「次亜塩素酸水」の経時濃度変化の速度を抑えるためには

【一般的な次亜塩素酸水の濃度変化】
 
 製造時濃度
有効期間
 50ppm 約3か月
 80ppm 約半年
 200ppm 約1年

 
一般的な次亜塩素酸除菌水は、例えば、製造直後200ppmの場合、半年をかけて100ppm、さらに半年~で徐々に水になります。
ハイジーンエイド備蓄除菌水なら、濃度200ppmで製造され、5年間もの間、およそその濃度を安定して保持することが検証されています。
 
ノロウィルス対策には濃度100ppm以上でご使用下さい。
100ppmを下回ってもインフルエンザウィルスや細菌類の除菌
及び消臭対策にはご使用いただけます。
30ppm以下になった除菌水は流しにそのまま廃棄下さい。
 
 

① 紫外線を防ぐため、遮光性のある容器を使用する。

スプレートリガー部分から入る光もできるだけ遮る部材にします。
遮光容器を使用した上で、陽のあたる場所を避け、暗所に保管しましょう。

  テナー(ダンボールに梱包されたビニール容器)タイプは
   紫外線を透過しますので注意が必要です。
   また、アルミパック容器は遮光性や密封性には長けていますが、
   次亜塩素酸とアルミニウムが化学反応を起こし、
   次亜塩素酸本来の効力を失うことになりますので避けましょう。
 
 

② 熱を防ぐために、涼しい場所に保管する。

濃度の維持のためには、冷所(1~15℃)が好ましく、
夏場は特に、冷蔵庫保管が良いでしょう。
 
 ハイジーンエイド備蓄除菌水は、室温(1~30℃)で安定して
        保管できますが、直射日光を避けて、暗所で保管して下さい。 
 
 
 

③ 大気中の有機物と反応しないよう、空気に触れる時間を短くする。

詰め替える際は速やかに行い、開封後のキャップはしっかり閉めましょう。